大人ニキビのケアは思春期ニキビとは異なります

大人ニキビは思春期ニキビとはケアの仕方が異なります。

 

一般的によくあるニキビケア化粧品のほとんどが
思春期ニキビ用の化粧品です。

 

ですが、思春期ニキビ用なのに大人ニキビにも効果があるというのは
おかしいと思いませんか?

 

思春期ニキビは過剰な皮脂が原因です。
大人ニキビは肌が乾燥しています。

 

原因が全く逆なのに同じ化粧品でいいわけありませんよね。

 

なのに大人ニキビに悩んでいる方が思春期ニキビ用の化粧品を購入して
大人ニキビが治らなくて悩んでいるのです。

 

大人ニキビの見分け方

大人ニキビはエストロゲン(女性ホルモン)が減少したりして
ホルモンバランスが乱れた時に出来やすいです。

 

大人ニキビは年齢が30代とその前後くらいに多いです。
女性ホルモンは25歳を超えたあたりから減少し出すからです。

 

10代に多いニキビはほとんど思春期ニキビですが
生理前だけニキビができるのもホルモンバランスが影響しているので大人ニキビだといえます。

 

思春期ニキビは「おでこ」に多いですが
大人ニキビは「あご」や「フェイスライン」に多いです。

 

大人ニキビは治りにくいといいますが

実際に大人ニキビはストレスや女性ホルモンのバランスが影響していたりいして
思春期ニキビと比べて原因が複雑です。

 

加齢により減少し続けるエストロゲン(女性ホルモン)を減少を食い止め
女性ホルモンを増やす努力をしないといけません。

 

大人ニキビ用の基礎化粧品を選ぶ際のポイントは

 

保湿力が高い
お肌の負担になるような成分が入っていないこと
女性ホルモンを整えることを意識している

 

思春期ニキビケア用の基礎化粧品を使っていては
逆効果になることもありますから
大人ニキビには年齢に合ったニキビケア化粧品を選びましょう。

 

こちらの記事もおすすめ↓
大人ニキビに悩む方に人気がある基礎化粧品