メイクはきちんと落とす

大人ニキビを目立たなくするのに大切なのは、メイクも大切ですがスキンケアでのケアはもっと大事です。
メイクで隠すには、コンシーラ、ファンデーションや化粧下地を正しく活用することが大切になります。
そして、化粧品は自分の肌に合わないものを使っていると、肌には大きなダメージを与えてしまいます。

 

化粧品にはたくさんの種類がありますので、自分の肌質をしっかり理解したうえで、肌に合ったものを使い分けると良いでしょう。
メイクは毛穴を塞いでしまうので、ただでさえ肌に影響を及ぼしやすいのです。
毎日のメイクだからこそ、出来るだけダメージは軽減していきましょう。

 

洗顔の仕方でニキビケア

洗顔でのケアのポイントは、溜まった皮脂を取り除くことです。
ニキビができる要因を排除しなければ、結局またニキビができてしまいます。
メイクオフを正しく行い、肌を休ませる時間を設けてあげるための準備が、洗顔だと思っても良いくらいです。
洗顔後に化粧水など肌を保護すれば、寝ている間にその日のダメージも修復されます。
この2つを続けていくだけで、ニキビ知らずのつるつる肌を取り戻すことができます。

 

大人ニキビと思春期ニキビは全く違う

25歳頃から大人ニキビに悩む方が多くなりますが
思春期ニキビとはケアの方法や基礎化粧品は異なるので注意しましょう。

 

大人ニキビに悩む方のほとんどは思春期ニキビと混同しているので基礎化粧品の選び方も間違っています。
大人ニキビは治りにくいといわれているのはそのためだと思います。

 

20代、30代、40代の大人ニキビにぴったりな基礎化粧品にラミューテ化粧品があります
大人ニキビができる方の肌に合わせているのでオススメです

 

女性ホルモン低下による大人ニキビにはラミューテ