大人ニキビのケアは思春期ニキビのケアと同じではない

20代前半くらいまでは思春期ニキビが出来ますが
30代くらいからは大人ニキビができます。

 

若い頃は余分な皮脂が毛穴に詰まったりアクネ菌が原因でニキビができるので
ニキビケア用の化粧品を使う必要がありました。

 

でも大人ニキビは原因が複雑なのでなかなか合う化粧品がみつからないと悩む方が多いようです。
ニキビケアはどれも同じだと思って思春期ニキビ用の基礎化粧品をつかっていたりして間違ったケアをしていたり・・・
大人ニキビが治らない悩みをもった30代も多いのです。

 

大人ニキビに効果のある化粧品についてあまり知られていないのかもしれませんが
大人ニキビに効果のある化粧品もありますので使ってみましょう。
きっとすぐに違いがわかるはずです。

 

ニキビは10代だけの悩みではない

ニキビは若さの象徴だと思っている方もいるほど一般的にニキビは若い子にできるものだと思われている方が多いので
20代後半、30代、40代でニキビが治らないと、
「なぜこんな年なのにニキビができるのだろう」と思ってしまう方も多いです。

 

思春期ニキビは10代の若い子の肌に合わせた過剰な皮脂を取り除くタイプです。
逆に、大人ニキビは肌の乾燥も原因のひとつですので保湿することが大事です。

 

ホルモンバランスが乱れて肌が荒れる

25歳頃からは女性ホルモンが減ってくるので肌が乾燥したり肌が敏感になって様々なトラブルが起こりはじめます。
大人ニキビも女性ホルモンのバランスが乱れて起こるトラブルのひとつです。

 

大人ニキビを改善する方法として、女性ホルモンを安定させることと化粧品を見直すことが最重要です。
女性ホルモンとニキビは密接に関係しています。

 

女性ホルモンは、肌をしっかりと整える作用、皮脂を正しく分泌されるように管理する作用、皮膚のダメージをできるだけ低減する作用を持っています。
ホルモンが乱れることによってその作用が正しく機能しなくなってしまうので、ニキビが出来やすくなってしまうのです。
毎日の生活リズムを整えることから始めてみましょう。

 

大人ニキビに効果のある化粧品

化粧品は毎日活用するものですので、自分の肌に合ったものを選ぶこと、
そして正しく活用していくことで、肌へのダメージを効果的に抑えることができます。

 

基礎化粧品を変えるだけで大幅に肌がよくなったということもあります。
洗顔料を自分の肌質に合うものに変え、正しい方法で洗顔をするようにしても良いでしょう。
洗顔後に化粧水などでケアすることも大切です。

 

化粧水は肌を保湿させ、次の日に新しい肌に生まれ変わらせる効果がありますので、合わないものを使うと、その効果も消えてしまうのです。
また、ホルモンバランスが乱れて敏感肌になっているので肌の負担になる材料は使っていない点にも注目しましょう。
年齢が進むほど自分の肌を化粧品で守ることが重要になり、
年齢や症状に合わせたケアに切り替えていかないと手遅れになっていきます。

 

大人ニキビに効果のある化粧品についての記事はこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

女性ホルモン低下による大人ニキビにはラミューテ